LOG IN

第2話 醜い争い

by ぽー


アナナスの実の前でミゲルを待ち構えていたのは、幼なじみのエルフの少女フローレスでした!

エルフは、魔法を使えたり長命だったりといろいろな特徴があるのですが、ミゲルにとっては近所に住むただの嫌な女にすぎませんでした。

フローレス

残念だったな!ミゲル!このアナナスの実はあたしのものだ!

ミゲル

はあ?ふざけるな!俺が先週みつけたんだ!

フローレス

それなら証拠を見せてみろ!

ミゲル

俺がそう言うんだから本当だ!

フローレス

なんだそれは!だったら名前でも書いておくんだな

ミゲル

熟す前の実に名前を書くヤツがどこにいる・・・

フローレス

仕方ない。ならばチャンスをやろう!

ミゲル

チャンスだと!

フローレス

ああ、隣の山まで競争して私に勝ったらくれてやってもいいぞ!

ミゲル

よし!やったろうじゃねえか!


かくして、アナナスの実を賭けたミゲルとフローレスの山登り競争が始まりました!

フローレス

ハハハ、全然ついてこれないようだな

ミゲル

くそっ、ふざけやがって!

険しい山道をフローレスは軽々と進んでいきました!だが、ミゲルもまだ勝負をあきらめたわけではありません。ミゲルは、フローレスが自分に比べてスタミナがないことを知っていました。

ミゲル

まあ、そろそろかな・・・

フローレス

なにっ!あたしとしたことが・・・

ミゲル

バーカ!ウサギと亀の話を知らねえのか!

フローレス

ハアハア・・・息が・・・

ミゲル

この勝負!もらったな

だが、ミゲルがフローレスを追い抜こうとした。まさにその時でした!突然、フローレスが何かブツブツつぶやき始めました!

フローレス

・・・

ミゲル

な、なんだ?

突然、ミゲルの目の前に輝く円陣が現れました!

ミゲル

ど、どうなってるんだ!!

次の瞬間、円陣から巻き起こった疾風が、ミゲルの体を吹き飛ばしました!

フローレス

どうだ!あたしの神聖魔法の力は!!

ミゲル

卑怯だぞ!

フローレスは、魔法を使えないミゲル相手に何のためらいもなく神聖魔法を繰り出しました!まさに無慈悲とはこのことです!

フローレス

フハハハハハ!さて、アナナスの実をいただくとしようか!

フローレスは、山の頂上で勝ち誇ったような笑みを浮かべてミゲルを見下ろしていました。もはや、どうみても悪役にしか見えません。

フローレス

ん?なんだあれは?

と、山の頂上にたどりついたフローレスは、そこで奇妙な光景を目にしました。

この世界でも有数の辺境であるアオーレス諸島のすぐ沖合に、見たこともないような、
いかつい軍船が停泊しているのです!こんな平和な島に一体何をしにきたのでしょう?






次の素材を利用しています。無断転載禁止です!!
背景:彩 雅介様 「気まぐれアフター」(http://www5d.biglobe.ne.jp/~gakai/

挿絵:成瀬直瑚様「誰そ彼亭」(http://may.force.mepage.jp/
CGエフェクト:ぴぽや様(http://piposozai.blog76.fc2.com/
キャラアイコン:ゆうひな様(http://blog.goo.ne.jp/akarise


ぽー
OTHER SNAPS